作業のレポートはこちら(素人の集まりなので段取りが出来てない部分も多々あるかと…)

軽度な改修作業です。元々の外観です。

看板が外される前

看板等を外した状態

以前の看板が外された状態

店舗前面が吹き抜けでしたが、業者さんにロフトを作ってもらいました。

ロフトが設置された状態 (3) ロフトが設置された状態 (2) ロフトが設置された2Fの様子 ロフトが設置された状態 (5) ロフトが設置された状態 (4)

掃除と片づけを行い、ここから改修本番です!

1F部分の柱、ロフトが付いたことで生まれた天井を塗装していきます。

1F柱の塗装

2Fロフト部分の床板張り。

2Fロフト部分の床貼り作業 (2) 2Fロフト部分の床貼り作業

冷蔵庫を撤去した部分の空いてしまった壁を作成。

1F壁、2F天井・壁を漆喰塗り。

2Fロフト部分床板の塗装。

漆喰塗り2回目。

2F階段上の天井をペンキで塗装。

1F床の塗装。

1Fロールスクリーン取り付け

ロールスクリーンの取り付け

やごろ改修作業後に囲炉裏を囲う会を開催しました。

「囲炉裏を囲う会」では、再生された囲炉裏を囲って、集落の方が集い地域外の方とまじり同じ釜の飯を食べる。最高の光景でした!

囲炉裏では集落のかーちゃんたちが握ってくれたおにぎりや里芋。集落のとーちゃんが差し入れしてくれた鯉の鯉こく汁があったりと、土ケ谷の味がたくさん並びました!

囲炉裏を囲み集落の方と参加者が交流して椅子様子

インターン生の活躍で地域内外の方が集まる機会、素敵な空間が生まれました。

やごろ改修続き

土壁塗りは参加者を集い、WSで行いました。

同時開催で「囲炉裏を囲う会」を実施し、土ケ谷集落のみなさん、WS参加のみなさんの楽しい交流の機会となりました。

土壁塗りWS当日は大寒波がこの地域を襲い、大雪。しかし10名を超える参加者で遠くは三条、上越から参加してくださった方もいました。

 

作業の流れは…

藁を切る。

土壁用の藁を切る様子

 

新たに採取した土と藁を水を加えながらおおまかに足でこねる。

足で踏んで土と藁を混ぜている様子

 

おおまかに混ぜたものを今度は手でよーくこねる。

土と藁を手で混ぜている様子

 

コテや手を使って壁に刷り込むように塗っていく。

土壁塗りWSの様子 (2)

 

ぜーんぶ塗り終えたら完成!

土壁塗りWSの様子

 

参加者のみなさんはほぼ全員初体験。冷たい土を素手で触ったりときつい作業もありましたがみなさん楽しんでくれました。壁もきれいに塗られついに囲炉裏復活・改修プロジェクトも完了!