1月半ばからの降雪もあり、栃尾も雪景色になりましたね。

またやりたいなーとは思ってるのですが、以前やった、エクストリーム出社の様子を改めて記事にしました。

 

~エクストリーム出社とは?~

早朝から観光、海水浴、登山などのアクティビティをこなしたのち、定刻までに出社をするエクストリームスポーツである。このスポーツのプレイヤーは、一般的な通勤者と区別して、出社ニストと呼ばれる。(日本エクストリーム出社協会 抜粋)

 

 

今回は、家から栃尾城跡(鶴城山)を経由して栃尾の市街地の方へ降りていき出社します。

スノーシューを履いて、新雪の山道を歩くルートです。

事の発端は、スノーシュー(西洋かんじき)をゲットしたこと

それを早く使いたくて、エクストリーム出社しちゃえ!ってノリです

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市街地からの栃尾城跡。写真を見てもらえればわかりますが、標高は高くありません。

雪のない時期であれば、20、30分ほどで、本丸跡地(写真中央)へ着きます。

冬だとどのくらいかかるのか予想できません。しかも水害などで予定のルートが崩れているかもしれないとのことなので、余裕を見て朝6時に出発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日に荷造り。この収まっている感じかっこいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ辺りは暗いです。

いつもなら8時過ぎてから車で通ってます

いつもならダラダラ起きるのに、なんでこういう時はサッと起きれるんですかねー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真わかりにくいんですけど、ここからストックが刺してある右側の方へ進んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからはスノーシューを履いていきます。

まだ慣れてないから、履くのも少し時間がかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日から降雪があったので、雪の感触はふかふか。

積雪は多くないので、そこまで埋まらず歩きやすい。

靴だけで歩くのとは違う、雪を面で踏んでる感じが気持ちいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんだん明るくなってきました。

こんなところ他に誰も来ないので、人の足跡は何もありません。

人の気配が全くない雪景色って、きれいだけど、静かすぎてなんか怖さも感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶんここが水害で削られたところかなと。

藪もあるし、片斜面になってて歩きにくかった。

この時だけは、ストックとスノーシューは邪魔。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく進むと道路と合流。

だけど、除雪はされないのでちょっと違和感のある景色が見れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スノーボードでも楽しめそうな斜面を発見

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あともう少し。

ここが一番きつかった。

知ってる人はわかると思いますが、写真に写るのが山頂手前のトイレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本丸まで、あと少し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本丸跡地に到着。ここまで1時間強といったところでした。

いろんなものが雪で埋まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブル掘り起こして一服と思ったけど、

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

固かったから断念。

ちょっとだけ平らにして休憩。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期にここから、栃尾を見下ろす人も少ないのではないでしょうか。

この日は少しガスがかかっていて、幻想的な感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一服も終わり、会社へ向けて出発!

下りのスノーシューも独特な踏み心地があり、味わってほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「千人溜り」

ここがすごくきれいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下りはあっという間。

杉林を抜けて、諏訪神社へ到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スノーシューはここまで。

荷物をまとめて、市街地へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事会社へ到着。普段なら車で10分ほどの通勤時間ですが、2時間強かかりました。

 

今回のエクストリーム出社の感想ですが、

「仕事前に好きなことして汗かけるなんてサイコ―です!」

疲れて仕事が…という心配は心配で終わりました。

 

冬はいいですね!雪っていいですね! 除雪、雪下ろし、雪道の運転などなどネガティブな部分もありますが、楽しいこともたくさんあります!

強要して雪を楽しもうとは言いませんが、せっかく降ってくるものなので、楽しみも見つけていきましょう!

 

また雪遊びネタあげれればと思います!

 

とちラボでは空き家対策も主題のひとつとなっています。
とちラボが借りて基地にしてる「ヒロチュウ」もそんな空き家のひとつです。

そのヒロチュウに新しい仲間が。
ま、仲間と言っても家具なんですけどね。昭和レトロな素敵ソファです。

古いソファ 昭和レトロ

ダイヤモンド型のステッチとか胸キュンですね。

新築・綺麗な新品以外ダメ!って人もいれば
旧いものにしか興味が持てない。って人間もいます。

どっちのタイプが良いとかじゃなく、街ってのは色んな人がいた方が楽しいです。
みんなちがってみんないい。です。

ただそんな中でとちラボは旧いものや元々この地域にあるモノを活かそうという
方向性なワケです。
空き家って、建てられた時代背景や住んでた人の趣味なんかで
様々な歴史・面白みを感じます。

家だけではなく、中に置いてある家具や小物、置物もまた然りです。

世界的に言える事なのですが、昔のモノは造りが良い。
これは厳密に言うと大量生産時代に入る前のモノが一番ですが
60~70年代のモノでもやはり現行の大量生産アイテムよりは
造りが断然良いです。

今回手に入れたソファ(一人掛けと三人掛け)もそんな時代に
作られた家具になります。所々にヤレは見られますが、それを味と見れるのが
古いモノ好きな人間ですね(笑)

正直に言うと栃尾外から持ち込んだ古家具なのですがこれから
栃尾で使われるという事でブログに書かせて頂きました。

これからまた色々な人間に座られて日々を過ごすソファに
なると思います。

知る人ぞ知る新潟名物『栃尾のあぶらあげ』の魅力を、地元あぶらあげ屋さんのご紹介を通じて発信するシリーズ第4回目!

 

今回ご紹介するのはまめ工房 ぽっぽさん。

栃尾のあぶらあげ屋さんの中では比較的新しい店です。

こちらのあぶあげは皮がやわらかくて、身がしっかり詰まっているのが特徴。
価格は1枚185円(税込)です。

 

 

 

 

さらに挟みああぶらあげと呼ばれる、あぶらあげの中に具材を挟んだものも多く販売しています。

あぶらあげ屋さんの中でも、挟みあぶらあげの種類が1番多いのはぽっぽさん。独自のメニューには定評があります。

ネギ味噌

 

桜えびマヨ


納豆ネギ


和風チーズ

 

この他にも土・日限定のシークレットメニューがあります…!
 

 

 

 

伝統のあぶらあげと、豊富なバリエーションの挟みあぶらあげ。
色々な食材・調味料と相性が良く、アレンジができるのも魅力の一つだと思います。
 

 

 

 

ボリュームがあるので、1枚あれば食卓が潤うこと間違いなし(笑)
自分でオリジナルメニューをつくるのも楽しいかもしれませんね♪
 

 

《まめ工房 ぽっぽ》
【オリジナリティ】★★★★★

【やわらかさ】★★★★

【ふっくら】★★★★★

【住所】940-0236
新潟県長岡市栃尾大野町4丁目2400番地

長岡市街地から国道351号線を栃尾方面へ道なりに進む。セブンイレブン栃尾大野店の道路挟んだ向かい。

【駐車場】あり

【営業時間】9:00~18:00(冬季は17:30まで)

店内イートイン可

【電話番号】0258-52-1172

【URL】http://www.mamepopo.jp/

Tagged on:

栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。

まずは雪国ならではの生活風景。

雪の降らない地域では経験することのない屋根の雪下ろし。

ご紹介するのは栃尾の中でも雪深い本所という地域です。

栃尾本所地域の集落

この家は昔ながらのセイガイ造り(出し桁造り)の寄棟屋根の住宅で建築面積は5間×8間=40坪、延床面積は80坪という大きな建物です。

ただでさえ建坪が大きいのにセイガイ造りで屋根が張り出しているものですから屋根面積はとても広いのです。今の一般的な住宅の2.5倍~3倍といったところでしょうか。

雪下ろしの様子

今年の雪は結構重かったみたいで作業員の方も大変だったと思います。

ちなみに写っているのは私の会社の従業員ですが今日で雪下ろし7日目です。昨日の日曜日は休みましたが先週は6日連続で雪下ろし作業をしていました。

私なんかは会社の事務所と自分の住宅の雪下ろしを半日手伝っただけでへとへとという体たらくです・・・

ほんと雪国の人はなんでこんなに我慢強いんだって思いますよ。

育った地域の自然環境によって人間の性格だったり基本的なマインドに違いが出るのも当たり前だと思います。

雪下ろしの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瓦屋根の場合はこんな急こう配の屋根での作業となります。

屋根の棟部分

 

屋根の上からの眺め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根の上からは集落の様子が眼下に望めます。

なかなか普通の人は普段自分の家の屋根に上ることはないですよね。

見方を変えると雪下ろしする地域の人は普通の人ができない貴重な体験をしているってことですよね。

雪国に移住したいと思っている人も安心してください。

自分でできない人は業者さんに依頼できます。

確かにお金はかかりますが都会の土地代を考えたら安いいものだと思いますよ。

こんな大きな家でも一回当たり3万円弱です。普通の40坪くらいの家でしたら一回当たり2万なんてかかりません。

こういうのは考え方ですよね。

 

さて雪下ろしの写真撮影の帰り道にこんな雪景色を見ることができました。

これが雪国ならではの自然からの贈り物なんだと思います。

他地域には存在しない雪国でしか見れない冬景色。